前の記事     

弁理士のひとりごと~この本を読んで(6)

 

 今回は、「鼻の小人」(W・ハウフ著)について。これは、魔法使いにかどわかされた少年ヤーコプが様々な苦難や危機を乗り越えて成長し父母の元に戻るまでのお話。後で知ったが、このお話は、枠物語である「アレッサンドリアの長老とその奴隷たち」に組み込まれた一遍の童話である。当時の私は、この童話の不思議な世界に引き込まれ、繰り返し繰り返し読んだ。
 この童話、今読むと、「鼻の小人」に続く枠物語部分が現代でも色あせないきらめきを放っていると感じる。もちろん今回も、私は劇中劇的な「鼻の小人」の世界に引き込まれたわけだが、この物語のどこに惹きつけられるのであろうか。知恵と忍耐で仕事を覚えて料理の腕前をあげ、醜い姿に変えられても周囲から信頼を勝ちとる若者の姿だろうか。それもあるかも知れないが、私には、できない料理をできるとハッタリをいってしまい窮地に陥る若者の姿、助けたものに助けられてこの窮地からギリギリのところで逃れる若者の姿が印象的である。
 その場を切り抜けるためのデマカセであっても、未来につながることであれば、嘘が真実になる可能性があるという点は、面白いと思う。現実の社会において、経験不足で自信のないことでも、できます任せてくださいと安請け合いする。そして嘘にならないようにベストを尽くす。特に、若者には許されることではないだろうか。ハッタリ的な約束を実現するために苦しむことで得られるものは大きいと思う。
 嘘にまつわるものとして、特許法では、詐欺(第197条)、虚偽の陳述(第200条)、偽証(同法第199条)等を問題としている。いずれも、錯誤に陥れる結果になったり過去の事実を歪めたりしなければ適用がない。将来のことでハッタリをいっても、結果的に嘘にならなければよいのである。未来には、言葉の自由と責任の世界が広がっている。

福田